加入前に知っておきたい!学資保険の種類

学資保険は何を重視するべきか?

妊娠、出産、入園などのタイミングで、学資保険の加入を考える人は多いようです。しかし、たくさんの保険会社があり、保険の種類もさまざまで自分で比較してもよくわからないという声をよく聞きます。

学資保険は、貯蓄型と保証型の二つに大きくわけられます。個人や家庭によって、医療を手厚くしたいとか、返戻金を多めにしたいとか、いろいろ考えがあり、自分たちにあった保険選びをしたいけれど、どういうことに気をつけて学資保険を選べば良いのか悩みますよね。

まず第一条件としては、元本割れをしないということが重要です。小学校、中学校、高校、大学など、親に万が一のことがあった時など、将来的に必要となる資金のための学資保険ですので、貯蓄性が高いものを選ぶことが大切になってきます。

次にポイントなのは、教育資金の積立なのか、子どもの医療保障なのか、親に万が一があった時のためなのかという目的別で絞っていけば良いですね。資金の積立でも、入園入学のタイミングでお祝い金として受け取るタイプと、満期にまとめて受け取るタイプがあるので、これも家族のニーズによって選べます。お祝い金として受け取る場合は、いつでも引き出すことができるので、ちょっと必要という時にも助かります。

もし、医療保障を充実させたいと思っているのであれば、返戻率は下がりますので、その点だけ注意が必要です。自分たちが保険に加入する目的と、どのタイミングで資金が必要なのかをよく話し合うことが重要です。学資保険の資料請求や相談窓口は積極的に利用しましょう。

ページのトップへ戻る