加入前に知っておきたい!学資保険の種類

学資保険の利便性とは

お子さんが生まれて喜んでいるのもつかの間、これからの明るい将来のことを考えると主婦の皆さんが考えるのは学資保険です。生命保険や医療保険とは違って、知識が乏しい方も多いと思うのですが、学資保険にはどのような種類や決まりがあるのでしょうか。

学資保険は、お子さんの年齢や進学に合わせて保険金が支払われる保険です。貯蓄型の要素が強く、保険金の用途はお子さんの学費や成長の過程で掛かる費用に使われることを目的としているものです。保険会社によってオプション等で医療保障や特約をつけることもできますが、その種類もさまざまです。

多くの人が学資保険に加入する代表的な理由の1つには、その貯蓄性の高さとも言えるでしょう。普通預金はもとより、定期預金や積み立て預金よりも利率が良いのは確かです。また貯蓄型の他に契約者が万が一死亡してしまった場合の学費保障を受けることができる保障型もあるので、自分が望むタイプによって保険を選ぶことができます。

また、学資保険は用途が明確であるため、中途解約をしてしまうと元本割れをする場合がありますが、そのリスクを回避するために解約をせずに満期まで続ける人が多いようです。そのため、学資保険加入の際には満期の設定をきっちり見定める必要があります。必要な時期に必要な分のお金を使えなければ意味がありませんので、満期時の計画性は加入段階で建てておかなければなりません。返戻率と保険給付を視野に入れ、まずは自分の生活やタイプに合った保険を選ぶことが大切です。

ページのトップへ戻る