加入前に知っておきたい!学資保険の種類

学資保険加入は早い方がお得な理由は

妊娠、出産を迎えると、家族やママ友たちと必ず一度は話にでてくる学資保険ですが、加入するのなら少しでも早く加入したほうがお得になる、という話が一般的です。

生保会社の調査によると、学資保険に加入しているのは子どもを持つ世帯のおよそ二分の一、特に高校進学のために学資保険に入っているという人が多いようです。実際、進学にはとてもお金がかかります。中学からずっと私立で大学まで行くとなると、年におよそ100万の出費が10年間、ざっと一千万円かかる可能性があります。一番痛いのは入学金など進学のタイミングでかかるお金です、学資保険もそれを考慮して、その年に満額になるようシミュレーションしてくれます。

学資保険の加入が早い方がお得というのはまず単純に、その進学のタイミングにまでの期間が長いほど毎月の支払額が安くなるという点ですが、これは生命保険と同じですので分かり易い話です。

もう一つは学資保険の大きな特徴で、途中配当がないということです。病気の保険と違って入院や事故での支払請求などもないので、満額までは一方的に保険料を支払い続けることになります。生保会社からすると、とても楽な保険です。そんな利用者のメリットを考えて各保険会社は長い期間で加入してくれた人ほど、戻りの利率が高めに設定されていることが多いのです。

さらに学資保険は病気や事故の補償もオプションでつけられる場合もあります。そして学資保険に親が一番求めているのは、親に何かあった時でも学費がキープできる満額保証です。金利の話は別にしても、最近は中学、高校受験を満期に設定する人がほとんどです。今後は妊娠期からなど、もっと加入が早くなる傾向にあります。

ページのトップへ戻る