加入前に知っておきたい!学資保険の種類

学資保険に入るタイミングは?

子どもが生まれたら考えなくてはいけないこと、それは「お金」のことです。生まれてすぐおむつやミルク代もかかって大変!と感じるかもしれませんがお子様が自立するまでずっとお金はかかります。赤ちゃんのうちは想像しにくいかもしれませんが、将来やりたいこと、したい勉強をさせてあげるために学資保険のプランは早めに検討することをお勧めします。

学資保険とは子どもの教育のための資金確保を目的とした保険です。生命保険と同じシステムで毎月決まった金額を支払い、満期になったら給付金として受け取ります。

学資保険の特徴は教育のため、子どものためなので途中解約をすると大きな損になってしまいます。学資のためにお金がかかるのは受験、入学の時です。私立中学入学、高校、大学入学と満期の設定をいつにするかよく考えましょう。大学全入時代になったといわれています。迷ったら18歳で受け取りにし、中学や高校にかかるお金は別途蓄えておくと安心です。

学資保険はどのタイミングで加入するのが良いのでしょうか。支払う期間が短いほうが負担は増えるので加入時期は早めがおすすめです。中には出産の140日前から加入できる保険もあります。産後しばらくは赤ちゃん中心の生活でゆっくり保険のことを考える時間が持てないこともあるので早いにこしたことはありませんね。注意したいのが小学校入学くらいの年齢になると加入できなくなってしまう保険もあるので「うっかり忘れた」なんてないようにしておきましょう。万が一に備えて学資保険は加入しておいたほうがよさそうです。

ページのトップへ戻る